HOME | 支援活動 | 全自衛隊大会支援 | 全自衛隊拳法選手権大会

全自衛隊拳法選手権大会を後援

第35回全自衛隊拳法選手権大会を後援

 
 全自衛隊拳法連盟(永井昌弘会長)主催、隊友会、日本拳法競技連盟、朝雲新聞社、自衛隊体育学校が後援する「防衛大臣杯第35回全自衛隊拳法選手権大会」が平成31年3月16・17日の両日、選手・監督及び大会役員合わせて約1,000名が参集し、大会会長の竹本竜司・第一師団長をはじめ、日本拳法諸団体の先生方等を来賓に迎えて、陸自朝霞駐屯地の自衛隊体育学校球技体育館で行われた。
 自衛隊拳法は、旧自衛隊徒手格闘の頃から防具を装着し、突き・蹴り・投げ・関節技を総合的に駆使する実戦的な競技として、陸・海・空自衛隊において盛んに行われてきており、一昨年は連盟を一般社団法人化して、民間の武道である日本拳法とともに、日本スポーツ協会加盟及び国体種目化を目指す発展中の競技である。
 団体戦は5名一組、全国から予選を勝ち上がった56個チームが参加し、第12普通科連隊Aチーム(鹿児島・国分)が第33回大会に続き2度目の優勝を果たた。準優勝は第32普通科連隊Aチーム(埼玉・大宮)、3位は信太山Aチーム(大阪・信太山)と第一空挺団Aチーム(千葉・習志野)であった。
 個人戦は五つの区分に分かれて行われ、無差別級は大村の古川選手、重量級は滝ケ原の大野選手、中量級は朝霞の杉山選手(2連覇)、軽量級は守山の片尾選手、女子の部は相浦の田畑選手がそれぞれ優勝の栄冠を手にした。