HOME | 支援活動 | 全自衛隊大会支援 | 全自衛隊ラグビー大会

全自衛隊ラグビー大会を後援

61回全自衛隊ラグビー大会を後援 

 
 平成301210日、奥戸総合スポーツセンター運動公園において、隊友会が後援している第61回全自衛隊ラグビー大会の決勝戦が行われた。決勝には、Aブロックは、船岡駐屯地チームと習志野駐屯地チーム、Bブロックは松島・三沢・大湊基地チームと那覇・新田原・知念・鹿屋基地チーム、Cブロックは久居・高知駐屯地チームと厚木・横須賀基地チームが進出した。Aブロックは、習志野駐屯地チームの奮闘もあと1歩が届かず、2928で船岡駐屯地チームが優勝、船岡駐屯地チームは本大会で17連覇を達成した。なお、Bブロックは那覇・新田原・知念・鹿屋基地チーム、Cブロックは厚木・横須賀基地チームが優勝した。
 また、本大会のエキシビジョンマッチとして女子7人制の自衛隊代表チーム「PTS」が部外女子チーム「SDS」と対戦し、東京五輪に向けた女子ラグビーの成長を会場の応援者にアピールした。
 本決勝戦では、大会副会長である河野統合幕僚長が視察し、優勝チームに優勝旗を授与した。
 

Aブロック決勝スクラム(左が船岡駐屯地チーム)

Aブロック決勝モール(右が船岡駐屯地チーム)

女子7人制

女子スクラム

船岡駐屯地チーム

閉会式