HOME | 顕彰・援助 | 自衛隊遺族会理事会

慰霊顕彰・援助

自衛隊遺族会理事会

 

   令和2年は新型コロナ感染症拡大に伴い書面により開催し、以下について決議しました。

  •  1 令和元年度事業報告・収支決算
     2 令和2年度事業計画・収支予算
     3 役員改選

 会長に中村サツエ様、副会長に宇野恭子様及び蓑輪阿喜子様が、理事には稲葉洋子様、佐藤玲子様、川村圭子様及び正木優子様が就任しました。監事は新井君子様及び塚田未喜男様が退任され、能崎恵様及び杉山洋子様が新たに就任しました。


自衛隊遺族会理事会


 令和元年度遺族会理事会は、5月16日16時00分からグランドヒル市ヶ谷で開かれました。
 理事会には蓑輪阿喜子会長、陸・海・空各遺族部会代表の役員7名と防衛省から内局厚生課長代理福利厚生調整官、各幕僚監部厚生課長・班長及び統合幕僚監部人事教育課長の9名並びに隊友会から田中常務執行役以下3名が参加しました。また、今回は(一財)防衛弘済会から田原常務理事及び鴻野経営企画室長にオブザーバー参加していただきました。
 理事会は隊友会植木事務局長の司会で蓑輪会長、田中執行役の挨拶後、議案審議に入りました。
 まず、隊友会事務局総務課長から第1議案「平成30年度事業報告・同収支決算(案)」、第2議案「令和元年度事業計画・同収支予算(案)」の説明があり承認されました。次いで、経費の一部を隊友会が負担することを柱とする第3号議案「自衛隊遺族会会則の改正(案)」の説明があり承認されました。


 その後、懇談では今回初めて参加していただいた方々から自己紹介をして頂き和やかななかに終了しました。