相楽支部は京都府精華町及び木津川市の自衛隊入隊激励会に出席

京都府精華町主催による自衛隊入隊激励会が、今年度も2月24日(水)町役場において実施された。

杉浦正省町長及び自衛隊京都地方協力本部長 亀井律子1等陸佐の出席のもと、同本部 宇治地域事務所長 河村美紀3等陸佐

の司会により進行。

亀井本部長により入隊予定者1名(航空自衛隊自衛官候補生)が紹介され、本部長から自身の出身と経歴を基にした暖かい激励の言葉が贈られ、予定者は入校に希望に満ちた面持ちで耳を傾けていた。

続いて杉浦町長から、入隊を讃え激励の言葉が贈られた。また、町側は、この会に野村佳正総務部参事も出席。

その後、京都府隊友会 赤塚茂相楽支部長が相楽支部の代表として入隊予定者に記念品(靴墨)を贈呈した。

激励に応えて入校予定者が杉浦町長に対し、入隊に向け、希望に満ちた決意の言葉を力強く述べた。

続いて懇談のあと記念撮影を行い、激励会は終了した。

次に3月18日(木)に木津川市役所において自衛隊入隊予定者が市長を訪問した。その訪問で次の行事が行われた。

河井規子木津川市長及び自衛隊京都地方協力本部長 亀井律子1等陸佐の出席のもと(同本部募集課 計画班長 山崎真弘1等

陸尉随行)、同本部 宇治地域事務所長 河村美紀3等陸佐の司会により進行。

亀井本部長により入隊予定者3名(航空自衛隊一般曹候補生1名、陸上自衛隊一般曹候補生及び及び陸上自衛隊自衛官候補生)

が紹介され、本部長から暖かい激励の言葉が贈られ、予定者は入隊に向け、希望に満ちた面持ちで耳を傾けていた。

続いて河井市長から、入隊を讃え激励の言葉が贈られた。また、市側は、この会に小林史総務部理事も出席。

その後、京都府隊友会 赤塚茂相楽支部長が相楽支部の代表として入隊予定者に記念品(靴墨)を贈呈した。

激励に応えて入校予定者全員が河井市長に対し希望に満ちた決意の言葉を力強く述べた。

続いて懇談のあと記念撮影を行い、この行事は終了した。

なお、木津川市は、昨年度、6名の入隊予定者の訪問を楽しみにしていたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により急遽中止になり、市長の激励メッセージを6名に対し送付されていた。

相楽支部長 赤塚茂

右から3人目 杉浦町長 左から3人目 入隊予定者

中央での激励 河井市長 右側3人 入隊予定者

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像を投稿する(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください