HOME | 刊行 | 防衛開眼 | 防衛開眼 第47集

提言・刊行

 防衛開眼第47集

 


隊友会は、昨年開催した第47回防衛セミナー(東京)、ブロック防衛セミナーの講演内容などをまとめ、講演集「防衛開眼第47集」を2月下旬に発刊しました。

 
 

 

目次

第1部(中央防衛セミナー:新型コロナウイルス禍等が我が国の安全保障に及ぼす影響)

1 福島香織:フリージャーナリスト(元産経新聞香港支局長、中国総局特派員)

【毛沢東チルドレン・習近平の脅威】

2 渡部恒雄:笹川平和財団上席研究員

【米大統領選挙とアメリカファーストの行方】

 

第2部(東海北陸ブロック防衛セミナー)

1 伊藤俊幸:金沢工業大学虎ノ門大学院教授(元海上自衛隊呉地方総監)

【東アジア情勢と日本の海上防衛体制】

2 織田邦男:国家戦略研究所(INS)所長(元航空自衛隊航空支援集団司令官)

【東アジア情勢と日本の防空体制】

 

第3部(特別寄稿)

1 重岡康弘:元海上自衛隊自衛艦隊司令官

【領域横断作戦ー自衛隊はどう取り組むのかー】

2 松村五郎:元陸上自衛隊東北方面総監

【 今後の日本防衛に求められる新思考-米軍の「作戦デザイン」と「競争継続」に学ぶ-】

防衛開眼バックナンバー LinkIcon
 
※購入を御希望の方は、隊友会本部事務局までお問い合わせ下さい。
 
 電話  :03-5362-4871
 FAX  :03-5362-4876 


 
 
 
 
 
 
 

防衛開眼