HOME | お知らせ | 令和3年度 | 令和3年度定時総会開催

お知らせ

本部だより

隊友会 令和3年度定時総会開催

災害派遣部隊等支援資産(仮称)設立案が可決

 
 隊友会は、6月24日、ホテルグランドヒル市ヶ谷において、令和3年度隊友会定時総会を開催した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年実施している式典及び懇親会は中止し、参加範囲を大幅に縮小しての開催となりました。

理事長挨拶

折木理事長挨拶

議長、副議長

議長、副議長

 

 総会は、折木理事長からの挨拶の後、植木隊友会本部事務局長から、出席者は委任状を含め45283名であり72.1%の正会員の出席があること、「公益社団法人隊友会定款」第19条に基づく総会開催の定足数(過半数)を満たす旨の宣言の後、議長に岩谷常務執行役が、副議長に菊地常務行役が選出され、①令和2年度事業報告()②令和2年度収支決算()及び監査報告③災害派遣部隊等支援資産(仮称)の設立()④役員選任()4件の議案を審議し、賛成多数で可決しました。

 

 定時総会閉会後、県隊友会長等会同の報告事項の「隊友紙の原価販売」について、2個県隊友会からの文書による意見を紹介し、回答するとともに、参加県隊友会長からの質疑を受けました。参加県隊友会長からは、「隊友紙のWEB化について」、「隊友紙の原価販売のみならず、長期的には会費等の値上げの検討が必要」、「隊友紙の原価販売は理解できるが、県隊友会の財政も厳しいものがある」等の意見が出されました。
 令和4年4月から5年間をかけて段階的に隊友紙の原価販売を実施しますが、本部として隊友紙のWEB化、発行回数の減少、会費の値上げ等については今後も検討して行きます。
 
 総会終了後、理事長から、感謝状等受贈者を代表し、辞任する監事及び退任する常務執行役に対して表彰状が贈呈されました。