令和3年度群馬県隊友会前橋支部総会

令和3年度群馬県隊友会前橋支部総会

令和3年4月24日(土)10時から前橋市民文化会館で支部総会が開催されました。

新型コロナ禍での開催に、来賓として小島県隊友会長の出席を頂きました。

コロナ対策として

  • 100人収容できる会議室に20名で1机に1人
  • 窓及びドアの解放
  • 文化会館からは業務用扇風機での空気循環及び非接触型体温計の提供

対策を徹底した開催と成りました。

支部役員は8時30分に集合し会場準備及びコロナ禍での案内を確認しました。

総会は「開会宣言」「充足数確認」「物故者紹介・黙とう」「支部長挨拶」「県隊友会長の話」

「議長選出」審議と成りました。

支部運営では「広報連絡」の存続検討で作成者の労苦を理由に廃止を討論しましたが会員多数の意見で継続となりました。今後は電子配布も検討

支部行事での検討

  • マス釣り大会
  • 前橋市花火大会終了後のゴミ拾い
  • 自転車レース会場ボランティア
  • 前橋東照宮及び護国神社清掃

以上を議論しましたが、マス釣り大会以外は受け身行事(コロナの影響で開催中止が左右される)なので会員が楽しめるコロナ禍でも実施出来る行事を考察することで賛同を得ました。

会員からは「行事に魅力が無い」及び「いつも同じ人が参加」している。

会員の参加率の悪さを是正する意見も出され、対策を求められました。

現状は、「参加する気にならない。」参加させるには・・・・・

  • 蜜を避けて親交を深めるには
  • 高齢者が求めるものは
  • 参加者の共助方法は

テーマは尽きる事はありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像を投稿する(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください