群馬県隊友会理事役・支部長会議

令和3年2月20日 群馬県公社ビルで理事役・支部長会議が実施された。

1 会長から:現在の世相について資料を閲覧しながらの説明「世界に誇る皇室の伝統を守り伝えよう!」

2 利根沼田支部の発足:沼田・みなかみ、東利根、西利根の各支部が合併 理由は①地域が広い②会員が減少③高齢化

3 引越し見積支援サービス事業:転属が決まった隊員はFAXで群馬県隊友会事務局に申し込む。

4 質疑応答

(1)隊友新聞の値上げ:決定では無いが、群馬県隊友会は支持する。

(2)支部行事について:高崎支部では護国神社清掃ボランティアを実施しているが県行事なので理事役等も見に来て欲しい高齢化で参加者が減っている。

前橋支部でもヒルクライム、東照宮忠霊塔清掃、花火大会清掃と多くの行事がある。

答え:支部活動から発展しているので予算化等は今後検討する。

※群馬マラソンでは朝早くからボランティアで活動しているので朝食等を今後検討します。

昨年度は、コロナ禍で行事が中止されましたが、令和3年は昨年の経験を基にコロナ対策を実施して済々と行事を実施して行く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像を投稿する(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください