第37回 札幌防衛セミナー開催

  第37回 札幌防衛セミナー開催

講師は、第34代陸上幕僚長「岩田清文」氏

と法学者・政治評論家・作家で明治天皇の玄孫で人気タレントの「竹田恒泰」氏

  札幌地方隊友会は、平成29年11月11日(土)札幌市中央区の共済ホールにて第37回札幌防衛セミナーを開催した。本セミナーは、防衛意識の普及・高揚の一環として毎年実施している当隊友会の最も大きな事業で、今年で37回目の実施となった。    
  本セミナーには、公益財団法人 水交会北海道水交会及び第11旅団友の会の協賛を頂き開催した。
  講師は、第34代陸上幕僚長で、第7師団長及び北部方面総監を歴任された北海道に特にゆかりの深い「岩田清文」氏が「国際環境の変化と我が国の防衛力」と題して、我が国を取り巻く国際情勢とそれに対処する防衛力の現況とその将来について講演された。
  後段の講師は、法学者・政治評論家・作家で明治天皇の玄孫で人気タレントでもある「竹田恒泰」氏が「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか?」と題して、明治天皇をはじめ古事記等から歴代天皇のご功績及び平和を愛する国民性について講演され、参加者に「先人たちの偉業の理解と愛国心の更なる高揚」を促して頂けた講演となった。
  当日、寒風吹き荒れるあいにくの天候となったが、お二人の含蓄のある、興味深く時折あるユーモアのある話に約300名を超える来場者の方々は真剣に聞き入っていた。
  講演終了後会場を移し、有志による「講師を囲む夕べ」を行い、講演では聞かれないエピソード等も頂き、更なる意見交換や親睦を深めるがことができた。
                                                                                                                                                                                 (札幌地方隊友会)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像を投稿する(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください