「北方領土返還要求アピール街頭啓発」に参加

令和元年12月1日(日)札幌地方隊友会(会長 若月寿一)は、JR札幌駅において北海道庁が主催する「北方領土返還要求アピール街頭啓発」に札幌地方隊友会長はじめ約20名が参加し、横断幕やのぼりを持ち、啓発グッズであるポケットティッシュを配布して北方領土の早期返還への協力を呼びかけた。
 この行動は、1945年12月1日、当時の安藤石典根室町長が連合国最高司令官マッカーサー元帥に対し、北方領土の返還を求める陳情書を提出した歴史的経緯にちなんで、12月1日を「北方領土返還運動のはじまり」の日と位置づけ、日本の中心である東京においてアピール行動が行われているが、北海道でも東京の行動に合わせて実施しているもので、札幌地方隊友会として毎年参加している
写真提供:北海道隊友連合会 事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


画像を投稿する(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください