令和元年度 定期総会を開催!

札幌地方隊友会は、平成の時代もあと僅かとなった平成31年4月20日(土)令和元年度定期総会を開催した。

国歌斉唱に引き続き、49名の正会員と2名の賛助会員の物故者に黙祷を捧げた。

総会では、照井白石支部長を議長に選出後、議案(平成30年度事業報告及び決算報告並びに令和元年度事業計画及び一般会計予算)審議し、それぞれが議決・承認された。その後、丘珠駐屯地修親会と3名の個人に感謝状を贈呈し、22名の隊友への表彰状授与を経て、懇親会に移行した。

懇親会は、船橋利実及び和田義明衆議院議員、長谷川岳参議院議員及び亀山第11旅団長、廣瀬北方航空隊長、菅股札幌地方協力本部長、和田第11旅団友の会長、中山水交会北海道支部会長、北海道議会議員及び札幌市議会議員並びに特別会員など多数の参加を頂き、我々隊友を含む約120名の盛大な会となった。

会の最後は、吉田札地隊 顧問による万歳三唱で締めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


画像を投稿する(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください