令和元年群馬県自衛隊殉職隊員追悼式

令和元年11月1日快晴の秋空の基「令和元年群馬県自衛隊殉職隊員追悼式」が相馬原駐屯地で行われた。 共催:隊友会 協賛:防衛協会で全ての工程を群馬県内の現職自衛官が実施して行われました。

現在も、災害派遣中で多忙の中での式典開催に感謝しております。

当日は、9時に受付を開始され10時20分から式典会場への移動、10時40分追悼式開始と開始までの現職隊員の皆様の礼節な行動に感銘をうけました。

開始後、儀仗隊の統制に感激し、少ない人数での音楽演奏及びラッパ演奏と自衛隊の威信を感じました。

会食時には旅団長及び防衛協会長からの言葉にも殉職隊員ご家族への寄り添いが感じられご遺族方々も嘸かし感謝されたと推測されます。

最後に、初めて参加した追悼式で元自衛官で良かったなと感じました。

岡村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像を投稿する(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください