印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


公益社団法人 隊友会
〒162-8801 東京都新宿区市谷本村町5-1
TEL:(03)5362-4871/FAX:(03)5362-4876

→その他お問い合わせ一覧
→このサイトについて

農林水産大臣から感謝状



 東日本大震災から1年目となる3月2日、公益社団法人「隊友会」は農林水産大臣から大震災に伴い実施したボランティア活動に対して、感謝状の贈呈を受けた。
 農林水産省では発災直後、被災地までの輸送が極めて困難を極める中、現地への輸送が機能していた自衛隊ルートにより被災地に応急用食料等を供給した。これに連携して、山形県隊友会及び岩手県隊友会の一関支部等は、発災直後から自衛隊とともに応急用食料等の積み下ろし・集積・再配分等を実施し、農林水産省が実施した被災地への応急用食料等の供給に貢献した。
 農林水産大臣から感謝状は、上記の応急用食料等の輸送協力等の功績に対するものであり、災統合任務部隊、海上自衛隊第1輸送隊及び航空自衛隊航空支援集団とともに授与された。
 隊友会は、輸送協力の他、被災地の県隊友会では発災直後の3月12日から延べ800人の会員が各種の防災ボランティア活動を実施するとともに、全国会員から募った本部直轄応援隊は、ボランティアが手薄になる連休明けの5月9日から6月27日まで12次の応援隊を宮城県に派遣し、延べ610人が宮城県石巻・気仙沼・岩沼地区での復旧活動にあたった。
 なかでも、気仙沼市では水産業に従事する被災者宅の後片づけ、漁業組合のコンテナの清掃等を、また、岩沼市では津波で折れ曲がったビニールハウスの撤去、塩害畑地の表土排除等を実施し、被災地の農林水産業関係者から感謝された。
 今回の感謝状は、被災地の現場で防災ボランティア活動にあたった会員の労苦に報いることになるとともに、全国の会員にとっても朗報となった。

* 感謝状の贈呈を受けた藤縄理事長のコメント
  東日本大震災の発災から1年を迎えようとしており、改めて犠牲になられた方々のご冥福と被災地の1日も早い復興をお祈り申し上げます。
隊友会は、昨年公益社団法人として認定を受け、防衛・防災活動等への積極的協力に力をいれている折から、この感謝状贈呈を受けたことは、会員にとって大きな励みになります。今後とも、この種活動の一層の充実を図り、社会に貢献してまいる所存です。


農林水産大臣の感謝状を受ける隊友会の藤縄理事長

左から農林水産大臣秘書官・梅津庸成氏、農林水産省大臣官房審議官・櫻庭英悦氏、
隊友会の藤縄祐爾理事長・伊藤康成常務理事

懇談中の4氏

贈呈された感謝状

(画像をクリックすると拡大表示されます)